お役だち

七夕に食べ物の風習は「そうめんの」だった!由来となった索餅のレシピをご紹介!

7月の行事と言えば七夕ですよね。飾りを作り笹の葉に飾り、短冊に願い事を書いて楽しむ方が多いのではないでしょうか?

七夕の日に何を食べたら良いのかな?風習はあるのかな?について調べました。

七夕の食べ物風習は何?

雛祭り=ひなあられ。こどもの日=柏餅・粽。

と思いつく方も多いと思います。七夕といえば?笹の葉?いやいや、食べ物ではないですよね…。

七夕の食べ物の風習とされているのは「そうめん」なんですね。

夏場の食欲のない時期に食べる事も多くなる利ますが、年中売っていますし、七夕の行事食だと知らずに食べている方も多いのではないでしょうか?

七夕にそうめんを食べる風習の理由は?

七夕のイラスト「笹の葉と短冊」

なぜ七夕にそうめんを食べるようになったのか?

実は、そうめんは古代中国の索餅(さくべい)という小麦粉料理が始まりで、この索餅には伝説があるんだそう。

7月7日に亡くなった子供が鬼となり、疫病を流行らせ、それを鎮める為その子供が好きだった索餅を供えたところ、疫病の流行が治まった。

それから1年間の無病息災を祈願して索餅が食べられる様になったそうです。

この索餅が日本に伝わったのはが平安時代と言われていて、七夕の日に索餅をお供えをしてたのが始まりと言われています。

やがて索餅がそうめんに変わり今では七夕の日はそうめんを食べるようになりました。

他にも、そうめんが天の川やはたを織る織姫の糸に見立ててそうめんを食べるようになった。と言う説もあるようです。

そうめんの由来【索餅レシピ】

そうめんを食べる以前に食べられていたと言う索餅。調べてみたところ、ご飯というより菓子のような食べ物だったのです!

作り方も簡単だったのでぜひお子様と作ってみてはいかがでしょう?

索餅材料

2〜3人分

  • 米粉…100グラム
  • 小麦粉(薄力粉)…100グラム
  • 牛乳・または水…50ml
  • 塩…小さじ2
  • 砂糖(粉砂糖)…適量

 

索餅作り方

  1. 米粉・小麦粉・塩をボールにいれる
  2. 水を少しずつ加えこねる
  3. 10等分位に分ける(時間があれば30分程度寝かせる)
  4. 細長く伸ばし真ん中でおってクルクルねじる
  5. 鍋に油を入れあげる
  6. キツネ色になったら皿にあげる
  7. 粉砂糖や砂糖を振りかけて完成

どうせしょう?家庭にあるものですぐ作れますね。

七夕のそうめん以外のオススメレシピ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@hitomi_kawakami)がシェアした投稿

七夕に風習として食べられているのは「そうめん」ですが、そうめん以外も星や天の川をモチーフにしたレシピもありますので、お子様や家族の好みに合わせて、そちらを作ってみても良いですね。

カレーライス

人参を星型にしてみたり、ご飯を星型にして周りをカレーで囲んだり、アレンジが沢山ありますね!

ちらし寿司

雛祭りの定番ですが、七夕にもオススメです。

酢飯でさっぱり食べる事ができますし、卵やハムを星型に型抜きしたり、錦糸卵を天の川のように見立てても可愛いですね。

オムライス

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mizuki(@__mizuki922)がシェアした投稿

卵を星型にくり抜いて作るオムライス!可愛いですね。

星型オムライス卵の作り方

  1. 卵の白身と黄身を分ける
  2. 黄身だけをフライパンに流し込む
  3. 8割り程、黄身が固まったら火を止めフライパンの上で型を使って星型にくり抜く
  4. くり抜いた部分に白身を流し入れて火をつけ固める

ゼリー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@cook0_85がシェアした投稿

暑い時期の七夕にぴったりのゼリー。星型の容器に入れても良いですし、星型のゼリーを飾っても可愛いですね。

七夕の食べ物風習まとめ

七夕のイラスト「織姫と彦星と天の川」

七夕の食べ物は「そうめん」と言う事がわかりましたし、原型の索餅も自宅で作れますので一度作ってみてはいかがでしょうか?

また、そうめんや索餅にこだわらずに、星形のトッピングやお菓子で楽しんでも良いですね!