エンタメ

伊藤沙莉は子役時代から演技力凄すぎる!ドラマでどんな役だった?出演作まとめ

子役時代から数々のドラマや映画に出演している伊藤沙莉さん。

2017年にはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演して以降、ドラマや映画に引っ張りだこの女優さんです。

そんな伊藤沙莉さんは子役時代から演技力が高く、シリアスな役からコメディな役まで、演技の幅も広いその演技力に多くの視聴者が引き込まれてしまうのではないでしょうか?

そんな伊藤沙莉さんの子役時代のからの出演作品や演技力について紹介していきます。

伊藤沙莉は子役時代から演技力が凄い

9歳から子役として活動している伊藤沙莉さんですが、子役時代から演技力が凄い!と言われるほど。

しかし、伊藤沙莉さん女優志望ではなかったようです。

通っていたダンススクールの掲示板に貼ってあったオーディション情報に友人と盛り上がり応募した事がきっかけとなり女優デビュー。

デビュー作のオーディションも乗り気ではなかったようです。

そんな伊藤沙莉さんのどんな作品が特に評判が高かったのか?調べてみました。

デビュー作「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」

2003年に初めて受けたオーディションに合格し女優として活動開始。

伊藤沙莉さんが演じたのは体が少女に若返ってしまった女性研究員のナツキ役です。

初出演で演技経験も少ない中、見た目は子供で中身は大人という、とても難しい役を演じられたのですね。

そんな難しい役を見事演じきり、その高い演技力が話題となったようです!

女王の教室

伊藤沙莉さんを一躍有名にしたのはこのドラマではないでしょうか?

2005年、11歳の時に日本テレビ系ドラマ「女王の教室」でいじめっ子の田中桃を演じました。

放送当時は視聴者から嫌われてしまうほど、役にハマっていた伊藤沙莉さん。しかしそれが原因となり、実際の学校生活では仲間外れにされてしまう事もあったとか…。

小学校の高学年となると友人関係も大変な中、女優業に学業、さらに友人関係の悪化と色々苦労があったのですね。

視聴者から嫌われてしまう程の演技力ですのでやはり評価は高いですね!

 

スクラップティチャー

2008年に日本テレビ系ドラマ「スクラップティチャー〜教師再生〜」にも伊藤沙莉さんは出演していました。

2話のメインの生徒として出演し、構ってほしいと万引きを繰り返すも処分のない学校に疑問を感じ、生活指導の先生を変えさせる大崎沙莉役。

6話では生徒会選挙の応援を頑張る生徒になる大崎沙莉。問題のある生徒が、生徒会の応援をするようになる…なかなか難しい役ですよね。

演技力の高い伊藤沙莉さんが演じるのも納得です。

GTO

2014年に関西テレビドラマのGTOにも出演しています。

伊藤沙莉さんはとにかく陰湿で独特の口調でいじめをする、いじめっ子役の「加奈子」を演じました。

やはり演技力が高い!の声が多数ありました。そして演技が上手すぎて素なのでは?と言われる事もあったようです。

トランジットガールズ

2015年フジテレビ系ドラマ「トランジットガールズ」で、連続テレビドラマ初主演を果たしました。

深夜帯のドラマで、親同士の再婚により義姉妹となった2人の秘密の関係を描いています。

とても難しい役だったのではないでしょうか?フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

伊藤沙莉は子役時代から演技力まとめ

出典:https://tanchan48.site/archives/571

 

子役のデビュー当時から難しい役を演じ、その後の出演作でも高い演技力を評価されている伊藤沙莉さん。

「いじめっ子」だとしてもそれぞれにあった演技を取り入れ、ドラマのストーリーにあった役を演じきっている事が高評価の理由ではないでしょうか。

今後の活躍がますます楽しみですね!

オズワルド伊藤俊介の出身大学はどこ?経歴や家族についてまとめ2019年のMー1グランプリ準決勝を通過。惜しくも決勝戦敗退となった吉本興業所属のお笑いコンビ「オズワルド」 じわじわくる漫才のボケ担...