お役だち

こどもの日の食べ物と言えば!伝統的な縁起物・由来をわかりやすくまとめました!

5月5日はこどもの日。日本では憲法記念日・みどりの日に続き祝日なので、家族で過ごすことが多いのではないでしょうか?

こどもの日は端午の節句。伝統的な食べ物といえば「柏餅」ではないでしょうか?いやいや「粽(ちまき)」でしょ!との声も聞こえてきそうですね。

この記事で分かること

  • なぜ柏餅を食べる様になったのか
  • 柏餅以外の伝統的な食べ物
  • いつから端午の節句がこどもの日になったのか
  • こどもの日はいつから始まったのか
  • こいのぼりを飾る理由や起源は
  • 五月人形を飾る意味は

 

こどもの日に関する疑問についてまとめました。

初節句の時や、お子様に聞かれた時に参考にしていただければと思います。

こどもの日に食べる伝統的な食べ物は何?由来は?

こどもの日が近づくとスーパーや和菓子屋さんで見かける様になるのが、「柏餅」「粽(ちまき)」

実は柏餅を食べるのは関東中心。関西では粽(ちまき)が主流なんです。なぜこどもの日に食べるのかな?と思いますよね。

答えは簡単で「こどもの健やかな成長を願い、厄除の意味や縁起物である柏餅や粽を食べる」

ではなぜ柏餅や粽を食べる様になったのか?わかりやすく説明していきますね。

 

柏餅を食べる理由

柏餅は日本発祥の食べ物。柏餅に使用されている柏の葉は「新芽」が出ないと古い葉が落ちないためどもが産まれるまで親は死なない=後継が絶えない、つまり子孫繁栄に結びつけ縁起の良い食べ物とされ男の子の成長をお祝いする端午の節句に食べられる様になりました。

柏の葉で包む理由

子孫繁栄を意味する、柏の木は昔から神聖な木とされていて、まだ食器や土器などのない時代、御供物を柏の葉に乗せて神様にお供えし、手を打ってお祈りをしていました。

神社で手を打つことを「柏手」(かしわで)呼ぶのもこれが始まりだと言われています。

 

粽(ちまき)を食べる理由

そもそも端午の節句は中国から日本に伝わったとされていて、厄払いの力があるとして、粽を食べる習慣も定着したと言われています。

なぜ厄払いの力があるの?

紀元前に中国に存在していた有名な詩人「屈原(くつげん)」がいました。彼は国王の側近として働いていましたが、ある日陰謀によって国を追い出されてしまったのです。

そのことを悲観し、自ら川へ飛び込み命を経ったのです。それが5月5日

彼の死を悲しんだ人々が毎年、供養のために川へ御供物を投げ込みますが悪い龍に盗まれてしまい屈原の元へ届かない…。そこで龍が苦手とする楝樹の葉で餅米を包み、邪気を払う五色の糸で縛り川へ投げ込み、無事に屈原の元へ届く様になった。と伝えられています。

 

柏餅以外の伝統的な食べ物

北海道や東北地方では「べこ餅」と呼ばれる物が食べられているそうです。白玉粉もしくは上新粉と片栗粉に砂糖・黒砂糖・水とシンプル。

柏餅と違い、餡は使用しません。また柏餅や粽とは違い葉に包まれていません。基本的には葉の形をした物が主流で白黒の2色で作られています。

白黒の色が牛の様に見えるため「牛」=「べこ」のべこ餅と呼ばれています。

地域によっては個性豊かなべこ餅もある様です。

そもそも端午の節句って何?

元々は「屈原」の命日供養のための祭りが行われた事がきっかけで、やがてそれが国の安泰を祈願する風習に変わり、その後病気や災厄を除ける宮中行事になりそれが日本に伝わったとされています。

また5月は昔から病気にかかりやすく、なくなる人も多かったそう。そのため5月に薬草である菖蒲を風呂に入れたりよもぎを屋根に乗せたりして体や家を清め厄除、健康祈願をしていたそう。→今の日本の五月病に通じるところがありそうですね…

この行事が日本に伝わり、後に日本独自の風習が加わり今の形に変化してきました。

また武家時代になると、菖蒲が尚武(しょうぶ)「武を尊ぶ」と同音であることから男の子の節句と考られる様になり男の子の成長を祝う行事となりました。

「端午」とは月の端(はじめ)の午(うま)の日といった意味で5月に限った物ではありません。しかし五(ご)と午(ご)が同じ音と言うことから、毎月5日を指す様になり奇数の同じ数字が重なることは縁起が良いとされ5月5日に定着したと言われています。

 

いつから端午の節句がこどもの日になったのか

こどもの日は法律で定められている国民の祝日です。こどもの日が祝日に制定されたのは1948年(昭和23年)。

内閣府HPによるとこどもの日5月5日は

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

となっています。母への感謝の日でもあったんですね!知らない人が多いのではないでしょうか?

なぜ5月5日がこどもの日になったのか、それは国民からの要望があったから。だそうです。参照議事録

元々は男の子の成長を祝う日ですが、男の子・女の子関係なくこどもの成長を祝う日として「こどもの日」にお祝いしたいですね。

 

こどもの日になぜこいのぼりを飾るのか

鯉は池や沼地などでも生息する、生命力の強い魚です。

また、中国の黄河上流にある竜門の激流を鯉が登りきり、龍になったと古代中国の伝説から鯉は出世の象徴・縁起がよいとされています。

昔日本では、武家に男の子が生まれると、家紋のついた旗やのぼりを立てて祝う風習がありました。

やがて裕福な一般の家庭でも、武家に対抗しようと武具の模造品などを飾るようになりました。そして出世の象徴であり縁起が良いとされいる鯉をのぼりにし飾る様になったと言われています。

 

こいのぼりの上についているカラフルな布。あれは何?

ちゃんと「吹き流し」と言う名前があるんです。

「子供を魔から守ってください」と言う意味のある物なのです。吹き流しには五色の色が使用されています。

ここで思い出して欲しいのが「屈原」の供養で川に粽を投げる際、邪気を払う五色の糸で縛り…です。

魔除の意味を持つ五色の糸がこいのぼりの「吹き流し」にも使用されています。

 

五色には青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)が使われています。これらは「神道の5色」と言われており、古代中国に伝わる「五行説」に基づいているとされているのです。

こどもの健やかな成長を願って魔除けとして飾られているのですね。

こどもの日に五月人形を飾る意味は?

こいのぼりだけでなく、兜や鎧などといった「五月人形」を飾るご家庭も多いのではないでしょうか?

旧暦の5月は今の6月にあたり、この時期に兜や鎧を出し、虫干しと手入れをしていました。この習慣が由来とされています。

兜や鎧は身を守るもの病気や災難から「我が子を守ってください」と願いが込められ飾られています。

いつから飾ればよいの?

子どもの成長を願い、お祝いをする為に飾る五月人形。

お葬式を連想させる「一夜飾り」は避け1~2週間前には飾りましょう。

 

こどもの日に菖蒲湯に入る意味は?

菖蒲は香りが強く、葉っぱが尖った形をしている為「邪気を払う」厄除けの無病息災の意味があると考えられていました。

また、リラックス効果や血行促進効果もあると言われていましす。

 

子どもの日まとめ

子どもの日の伝統とされている食べ物や習慣、全てにおいて子ども達の健やかな成長や出世を願う親の気持ちが込められたものです。

いつの時代も親は子どもの幸せや成功を、祈っているものなのですね。

初節句以外は特別な事はしないご家庭も多いかと思いますが、子どもの成長を祈り、伝統的な子どもの日を過ごしてみてはいかがでしょうか。